遊んでないのに乳首がドス黒い、いつも誤解されてばかりで疲れた!

 

mm001 遊んでないのに乳首がドス黒い、いつも誤解されてばかりで疲れた!

全然、遊んでないのに乳首が黒いため毎回に彼氏にドン引きされて逃げられてしまう。

毎回の事で、何か疲れちゃった!これって何かおかしくないですか?




スポンサーリンク


 

 

1.どうして乳首が黒くなるのか?

全部の男性では無いですが、無知ゆえにかなりの男性が・・・・
乳輪も含めて乳首が黒い 〓 かなり遊んでる(Hの回数が多い)と思ってます。

これは大きな誤解で、Hと乳首の色は全く関係ないんです。

もし仮に関係するとしても、何十人、イヤ何百人と相手してるAV女優さんは、乳首が超黒いの?

答えはNOです!AV女優さんでも乳首が全く黒くない人も大勢います。

ベテランのAV男優は、乳首の色は全く気にしません。原因がわかっているから。
ドン引きする人は、多分恋愛経験(Hも含めて)が少ない人ではないかと思います。

月並みですが乳首が黒くても全然気にする必要はないですよ。
乳首の色を気にする男性とは、乳首しか見てないんですよ、真からその女性が好きなのかも疑問です。

そんな人は、こちらからバイバイしちゃいましょう。
それよりも、あなた自身の全てを理解してくれて全てを好きになってくれる男性を見つけましょう。(^^)

チョット話が横道にそれましたが本題に戻ります。

 

2.知ってるようで知らない乳首が黒くなる原因?

全てにメラニン色素が関係しています。↓↓↓

cic25 遊んでないのに乳首がドス黒い、いつも誤解されてばかりで疲れた!



スポンサードリンク


 

そのメラニン色素は太陽からの紫外線に関係しています。

cici29 遊んでないのに乳首がドス黒い、いつも誤解されてばかりで疲れた!cici32 遊んでないのに乳首がドス黒い、いつも誤解されてばかりで疲れた!

 

3.日焼けは、肌が防御しようとしている証拠です。

皮膚に太陽の紫外線が照射されると、角質層によって反射してはね返したり吸収されたりして、それ以上皮膚の深層部に到達しないようにします。

しかし、大量の紫外線を浴びた場合はここで遮断されずにさらに奥の真皮へと到達します。

すると、表皮細胞の中のメラノサイトが褐色色素のメラニンを作り出して細胞核をコーティングするのです。

これが日焼けの正体で、日に焼けた肌はその後照射される紫外線を吸収しやすくなるために、皮膚の奥まで入り込む事を防いでくれます。

このように「日焼け」とは皮膚が自分自身を守る手段なのですね。
日焼けには、「赤くなる日焼け」「黒くなる日焼け」があります。

日本ではどちらも日焼けといいますが、アメリカでは赤くなる日焼けを「サンバーン」黒くなる日焼けを「サンタン」と呼び区別しています。

 

4.日焼けでシミ・シワができるのはなぜ?

紫外線が照射されると、そこには強力な殺菌成分が生まれます。
布団や洗濯物を太陽の光に当てるのは、ただ洗濯物を乾かすだけの目的でない事はすでにおわかりでしょう。

湿った布団の乾燥、カビの除去、ダニ退治、そして殺菌など、紫外線にはとても素晴らしい作用が多くあります。

言い変えれば、あれだけ頑固で繁殖力の強いカビやダニを滅菌してしまうほどの力があるという事になります。

ですから、この紫外線が真皮にまで入り込むと肌の弾力を支えている線維細胞を直撃してしまいます。

そうすると線維細胞は弾力を失ってしまい、ゴムが伸びきったように変性してしまうのです。

肌も弾力を失うため、これがシワや肌のハリがなくなる原因なのです。もちろん日焼けによって皮膚はひどく乾燥しますから、それも深いシワとなって刻まれてしまいます。

乳首の黒ずみは〝メラニン〟の色素沈着が、その主な原因と考えられているため、黒ずみを解消するには、まず、この色素沈着を何とかしなければならない。

そうです。
この色素沈着をコントロールできればいいんです。(^^)

現在、自宅で行える黒ずみケアを目的とした商品は数多くありますが、参考までに主なアイテムをいくつか右記に紹介しておきましょう。

ただし、いずれも、その効果は個人差が大きいようで、万人に効く特効薬はないというのが現状のようです。

黒ずみは〝色素沈着〟が大きく影響しているとする説が有力ですが、その色素沈着の改善に有効とされる成分のひとつが〝ハイドロキノンです。

ハイドロキノンには、メラニン色素を生成する酵素の働きを抑制し、メラノサイトの数を減らす作用があるとされ、ハイドロキノンを気になる乳首の黒ずみに塗布すると、色素沈着は徐々に薄くなると考えられているようです。

※ ハイドロキノンは強力な漂白効果があるため、使用方法や使用量を誤ると、肌の一部だけが真っ白になってしまう(白斑)恐れがあるので扱いには注意が必要です。

最近は、日本国内でもハイドロキノン配合製品も増えているので、場合によっては、上記で紹介した化粧品や医薬部外品よりもハイドロキノンを主成分とした製品の方を検討してみるのも一法かもしれません。

ハイドロキノンと同様に、トレチノイン(レチノイン酸)と言うのもあります。

トレチノイン(レチノイン酸)の皮膚に対する作用には以下のようなものがあります。

  1. 角質をはがします。
  2. 表皮の細胞をどんどん分裂・増殖させ、皮膚の再生を促します。
    (約2週間で表皮が置き換えられます。)
  3. 皮脂腺の働きを抑え、皮脂の分泌を抑えます。
  4. 真皮でもコラーゲンの分泌を高め、長期的には、皮膚の張り、小じわの改善をもたらします。
  5. 表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚をみずみずしくします。

トレチノイン(レチノイン酸)外用によるしみ治療は、原則的に患者さんご自身により、軟膏を塗布するという方式を取っていますので、患者さんがこの治療をよく理解されているということが重要です。

トレチノイン軟膏を手にされた患者さんがトレチノイン治療を実践される際の手助けとなれば幸いです。

ハイドロキノンとトレチノイン(レチノイン酸)の成分を含んだ製品は数多くありますので。
ここでは敢えて商品名は記載しません。

こんなのも、あります。
また、ハイドロキノンとトレチノイン(レチノイン酸)が一緒になったのもあります。

 



スポンサードリンク


前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ