低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

 

mm093 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

低血圧と貧血って良く似てる気がするけど一体どこが違うんだ

ろう?もし違うとしたら、原因と症状はどんな違いがあるんだ

ろう?教えて君じゃないけど、詳しく教えて欲しい。




スポンサーリンク


 

1.低血圧とは?

安静時に測った上の血圧(正式な呼び方では「収縮期血圧」)が100mmHg以下で、めまいや立ちくらみなど、何かしらの自覚症状がある場合を低血圧症と診断します。


検診で測定した血圧が低く心配される患者さんもいますが、血圧が低ければ全てが低血圧症というわけではありません。血圧が低くても日常生活に支障がなく、健康な生活を送っている場合は、人と比べて体質的に血圧が低いというだけで、低血圧症という病気には含まれないのです。


つまり高血圧より重要視されてなくて病気扱いにされてません。それどころか医者によっては低血圧は健康の範囲だという医者もいます。少し納得がいきませんが・・・・

 

2.そもそも血圧って何?

「血圧」とは血液が血管壁を押す力のことなんですよ。

0ketu02 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?


心臓はポンプのように血液に圧力をかけ血管へ送り出します。血液はまず、動脈を通って全身の細胞に酸素や栄養分を運びます。次に、静脈を通って老廃物などを回収する役割を担い、再び心臓に戻ってきます。こうした心臓による血液循環で、人間の生命は維持されているんですね。



血液の圧力によって血管壁が押される力のことで、心臓から送り出される血液の量(心拍出量)と、血管の硬さ(血管抵抗)によって決まります。心拍出量が大きくなれば血圧は上がり、血管抵抗が小さくなれば、血圧は下がるという関係です。

 

hin06 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

 



スポンサードリンク


3.高血圧・低血圧と言うけど測定値はいくらなの?

【正常血圧】

上が140mmHgで下が90mmHgの範囲内です。


【高血圧】


上が160mmHg以上で下が90mmHg以上です。



【低血圧】


上が100mmHg以下で下が60mmHg以下です。

 

0ketu04 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

 

4.原因と症状は?

【原因】

低血圧を起こす原因として、全身に循環している血液量(循環血液量)の減少や心臓から送り出す血液量(心拍出量)の低下、末梢血管(細かい血管)の抵抗や血液の粘稠度(ねんちゅうど)(粘りけ)が減少することが考えられています。



また、低血圧には病気とは無関係な『本能性低血圧』と病気に関係してる『二次性低血圧症』とがあります。



【症状】


■本態性低血圧症



原因となる病気がないのに血圧が低く、全身の臓器に十分な血液が行き渡らずに症状が現れる本態性低血圧症。主な症状は以下の通り。

  • だるさ、脱力感、疲れやすい
  • 頭痛、めまい、耳鳴り
  • 動悸、息切れ
  • 食欲不振、吐き気、腹痛

 

■二次性低血圧症

  • 心臓の機能低下 …心不全、不整脈など
  • 脱水や貧血、栄養失調
  • ホルモンの異常  …甲状腺機能低下など
  • 薬物によるもの

 

5.貧血とは?

 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

 

【原因】

貧血とは、血液中の赤血球や赤血球に含まれる血色素(ヘモグロビン)の量が少なくなった状態です。ヘモグロビンは酸素を体の各部位に運び、いらなくなった二酸化炭素を持ち帰り肺から外に出す働きをしています。


ですから貧血になると全身に運ばれる酸素の量が減少し、色々な症状があらわれます。患者数は180万人いるといわれています。低血圧のために立ちくらみやふらつきが起こるのは「脳貧血」と言い、貧血とは異なります。



【症状】

貧血の症状は、めまい、動悸・息切れ、疲れやすい、頭痛、耳鳴り、顔色不良等です。

 

【貧血の診断基準(正常値)】

赤血球数(万個/mm3)
男性410~530
女性380~480
ヘモグロビン(g/dl)
男性14~18
女性12~16



上記の正常値を下回る場合に、貧血と診断します。その後、出血しているような疾患の有無を確認します。<y/span>

 

hin10 低血圧と貧血ってどこが違うの?低血圧は何が悪いの?原因と対処法?

 

【貧血の治療方法】

貧血の原因が出血によるものであれば、基礎疾患の治療を行います。それ以外の場合は、まず食事療法を行います(成人男性で一日12~15mg、成人女性で一日15~20mgの鉄分の摂取が必要:別項参照)。貧血が重症な場合は、鉄剤の投与をします。

 



スポンサードリンク


前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ