どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?

mm127 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?
どうして、お酒に強い人と弱い人がいるんでしょうか?

下戸の人はとくに、人と飲みに行かないから必然的に人との付き合いが狭まりす。

ある意味で、お酒を飲めた方が色々な面で有利になる事もあるでしょう。でもこればかりは遺伝の体質ですから。




スポンサーリンク


 

お酒に「強い人」「弱い人」はどうやって決まるの?


我々、日本人はモンゴロイド族に属する黄色人種とされてますが、このモンゴロイド族は全体的にお酒が弱いです。

一方で白人系は全体的にお酒が強いとされてます。
よって日本人の4割が体質的にお酒に弱いんです。

1.人がお酒を飲むと体内でどんな変化が起きるかを


1.まずお酒を飲む!

 

お酒(どんな種類も)=アルコール=エタノールです。


ah30 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?

 

 

2.胃と小腸でアルコールが吸収される。


胃で20%小腸で80%が吸収されて血液の中に


ah33 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?

 

 

3.肝臓で分解されて処理される。


胃と小腸で吸収されたアルコールは血液の中に入り肝臓に行きます。


ここで肝臓君の出番です。(^^)


肝臓に届いたアルコールは、まずアルコール脱水素酵素(ADH)で分解されます。


そして、不快なアセトアルデヒドに変化します。

アセトアルデヒドが、赤面・頭痛・心臓がパクパク・悪酔いの原因です。

ここ重要ですから必ずメモしてください。(^^)



スポンサードリンク


次に登場するのが、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。


この酵素の働きでアセトアルデヒドを分解して酢酸に変化させます。


そして、更に水と二酸化炭素に分解して体外に放出して酔いがさめます。


実は、アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)には5種類ありますが、アルコールの処理に使われてるのは、1型(ALDH1)と2型(ALDH2)の2種類です。


血液中のアセトアルデヒド濃度が高いときは
1型(ALDH1)が働きます。



血液中のアセトアルデヒド濃度が低くても働くのが
2型(ALDH2)


つまり、お酒を飲んで直ぐに働いてくれるのが2型(ALDH2)です。この2型(ALDH2)を持っている人は、顔も赤くならないし、いくらでもお酒を飲んでも平気なんです。

でもでも残念なことに日本人の半分ぐらいは、この2型(ALDH2)を持ってません。だから、日本人の半数はお酒に弱く直ぐに顔面紅潮・頭痛・吐き気・頻脈になるんです。

ここも重要ですから必ずメモしてください。(^^)


ah32 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?


要するに、お酒に強いか?弱いか?は。


アセトアルデヒド脱水素酵素の2型(ALDH2)とを、持っているか!持ってないか!です。



日本人は50%ぐらいの人しか持ってません、白人系や黒人の人達は100%持ってます。
だから、欧米、ヨーロッパはお酒に強いんです。


2.日本人の体質は?

このII型は、遺伝や人種により持っている人と持っていない人がいます。


日本人をはじめとする「モンゴロイド」の46%は、II型の酵素を生まれつき持っていませんが、白人や黒人はほぼ100%の人が持っています。


実は日本人の4~5割は生まれつきアルコールに弱いといわれています。


そのため白人や黒人はモンゴロイドよりお酒に強く、二日酔いにもなりにくいのです。


その理由は生まれつきアセトアルデヒド脱水素酵素 (ALDH) の働きが悪いか元々ALDH が欠損しているかです。


日本人の祖先では、縄文人の欠損率が低く、弥生人は高いといわれています。


現在の日本人の7割が弥生人の遺伝子を、3割の人が縄文人の遺伝子を保持しているといわれ、北海道や東北、九州等の縄文人の遺伝子を引き継いでいる地域の人にはお酒に強い人が多いのです。


ちなみに、アイヌ人は欠損率20%といわれています。

3.民族での違いは?

ALDH2欠損率(欠損者の割合)は人種・民族で大きく異なります。


白人やアフリカ黒人、インド人、アラブ人などは0%に対し、日本人は40~44%で、その他韓国人(25%)、漢族(50%)、モンゴル人(30%)、ベトナム人(57%)、タイ人(18%)など東部アジア系民族は50%前後を占めています。


ah38 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?

 

4.アルコールを飲むと肝臓病になるのはなぜ?

上の記事で説明しましが、肝臓に運ばれたアルコールは、「アセトアルデヒド」に分解され、最終的に水と炭酸ガスになって排出されます。このアセトアルデヒドが有害物質で、過度にアルコールを摂ると分解されずに体内に蓄積し、二日酔いや肝臓病を引き起こすのです。


長期にわたる過度の飲酒でアセトアルデヒドが脂肪の分解を抑制し、同時に脂肪酸(中性脂肪の原料)の合成を高めるため、肝細胞内に中性脂肪がたまり、脂肪肝に。脂肪肝が慢性的に続いた状態でさらに大量のアルコールを摂取すると、アセトアルデヒドが肝細胞を破壊し肝硬変が起こります。



ah37 どうして、お酒に強い人と弱い人がいるの?一体、何がどう違うの?

 

 

最後まで見ていただき、ありがとうございます。
少しでも参考になれば幸いです。(^^)

 

5.この記事のまとめ

ちなみに私の家系は下戸に近いくらいにお酒に弱い家系です。
確かに、社会人としてお酒が強い方が計り知れないくらいに有利かも知れません。

しかし、お酒に『強い』『弱い』は体質ですから体質の改善は厳しいものがあります。
私もこれまでに、忘年会・新年会で強制的に【俺の酒が飲めないのか?】で飲まされたことがあります。
時には、もう無理ですと半喧嘩になったこともあります。

お酒は、愚痴の場ではなく、楽しく愉快に飲みたいですね。

 



スポンサードリンク


前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ