男女に襲ってくる更年期障害の症状を色々と詳しく調べて見ました!?

 

ko08 男女に襲ってくる更年期障害の症状を色々と詳しく調べて見ました!?男女に必ずや襲ってくる更年期

障害の事を色々と調べて見まし

た。あなたに少しでも参考にな

れば幸いで嬉しいです。




スポンサーリンク


 

1.更年期障害による主な症状

 

① 顔がほてる
② 汗をかきやすい
③ 腰や手足が冷えやすい
④ 息切れ・動悸がする
⑤ 寝つきが悪い、眠りが浅い
 怒りやすく、イライラする
⑦ くよくよしたり、憂うつになる
⑧ 頭痛、めまい、吐き気がよくある
⑨ 疲れやすい
⑩ 肩こり、腰痛、手足の痛みがある



スポンサードリンク


 

 

 

 

更年期障害の症状は様々ですが、40代~50代の女性で上記のような症状を感じるようになると疑いがあります。ただ、①~⑩全ての症状が出る訳ではなく、その程度も人によって様々であるため医師による診断が必要ですが、日本では掛かり付けの婦人科医を持つ習慣がないため、誰に相談して良いのか分からないという女性が少なくありません。更年期障害の部位別の症状

【頭・顔】
頭痛・めまい・耳鳴り・のぼせ・ほてり・口の渇き・ノドのつかえ・肌の乾燥・

 

【上半身】
肩こり・動悸・息切れ・手のしびれ

 

【下半身】
便秘・下痢・腰痛・膣炎・性交障害・関節痛・筋肉痛・乾燥・かゆみ・月経異常・膀胱炎・頻尿

 

【感覚】
体重増加・寝付きが悪い・イライラすることが多い・異常な多汗・食欲不振・吐き気・知覚過敏・性欲低下・疲労感・冷え・不安感・集中力低下・不眠・物忘れ

 

更年期障害は多くの人に起こるモノであるため、病気ではないと言われることもありますが、更年期障害の症状を我慢してつらさに耐えても何ら得することはありません。

 

更年期障害の症状を改善解消する方法はいくつもあるため、我慢などせずに少しでもつらさを軽減させるようにして下さい。

 

更年期障害がつらい場合、低用量ピル又はHRT(ホルモン補充療法)でつらさを軽減できる場合が少なくありません。しかも、女性ホルモンが急激に減少した場合、骨粗鬆症・動脈硬化・認知症などのリスクが高くなりますが、それらの予防にもつながります。

 

ちなみに、低用量ピルやHRTを採り入れる場合の費用は、1ヶ月で自己負担額は2千円~3千円程度です。なお、薬を使いたくない場合は、効き方はゆるやかではありますが、漢方薬も有効な手段です。

 

あと、イソフラボンやポリへノールなどを含んだサプリメントやアロマテラピーなどで症状を軽減させている女性も少なくないため、自分に合ったモノを選んで、更年期障害のつらさから解放されるようにして下さい。

 

ただ、イライラ・物忘れ・集中力低下などは、更年期からきているモノだと気付かないこともあるため、やはり一番良いのは専門医に診てもらうことです。出来れば、掛かり付けの婦人科医を持つようにして、気軽に相談できる環境を作ることも大切です。

朝陽を浴びながらウォーキング

定期的に運動をしている人は、更年期症状が軽いという報告もある。調子のいい時は、軽く汗ばむくらいの運動をするといい。また、朝の光はうつ症状にいい作用をもたらす。日照時間の少ない北欧では、うつ病の発症が多いというエビデンスもあるほど。更年期症状とうつ症状はよく似ているので、朝日を浴びながらウォーキングすると、心身を健やかに持てるかもしれない。

 

 



スポンサードリンク


前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ