冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

mm100 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?
冷え性って本当に辛~~い。

手足は冷えるは、腰は痛くなるし、頭痛もするし、生理痛にはなるわで、いい事一つもない感じ!

何か解消する方法はないかなー?

 




スポンサーリンク


 

冷え性の原因とメカニズムです。

1.冷え性の原因には色々な要因が絡みあってます。

1-1. 冷え性原因を大きく分けると

1. 血行不良
2. 自律神経のトラブル

順を追って説明していきます。

1-2. そして冷えには3つのパターンがあります。

①手足がが冷える四肢末端型
②上半身はのぼせているのに下半身が冷えている下半身型
③手足が暖かいのに体の中心部が冷えている内蔵型

hie10 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

 

①手足がが冷える四肢末端型

手足の先だけが冷え、やせ型の人に多く見られれます。
体内の熱が十分に作り出せない人や、手足の血管を収縮させる「交感神経」が常に優位な状態になっている人に多く見られます。

 

②上半身はのぼせているのに下半身が冷えている下半身型

下半身型冷え性とは、腰から下の下半身のみが冷えるタイプの冷え性。更年期の女性や中高年の男性に多くみられる冷え性のタイプです。下半身型冷え性の一番の原因は加齢です。

 

③手足が暖かいのに体の中心部が冷えている内蔵型

手足が温かいのに、身体の芯が冷えてすぐに具合が悪くなるタイプです。血液、尿検査をしても問題がなく、冷房などの風があたるととたんに体調がおかしくなり、立ちくらみなどがおきます。

2.そもそも、何で手足が冷たくなるの原因は?

hie11 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?人間の体は良くできたもので体温を一定に保つ機能があります。体温の変化で血液の流れる量を変化させたり、汗をかいたりすることで、体温を一定に保つよう調節されているんですね、何と賢いことか(^^)

 

血液は、体の全身に『熱』と『酸素』を運びます。その熱と酸素が問題なく全身に行き渡れば、手足が冷たくなることはありません、手足が冷えるという事は、何らかの原因で手足に血液が循環してないんです。

 

人の体は賢いもので手足の血液循環が悪くなれば、手足よりも重要な内蔵に血液を持っていこうとします。

 

血液循環が悪くなると酸素も、栄養も、ホルモン伝達物質も行き渡らないどころか、二酸化炭素や老廃物も排泄されません。栄養も来なければ、毒も溜まる体。生命活動が行なえなくなるからです。冷え性・低体温は、病気の最初の段階とも言うるでしょうね。

 

つまり、血液循環が悪ということは体温調整に関わっている自律神経の失調で起こるんです。自律神経には、寒さや暑さに私たちのカラダがうまく対応できるよう、体温を一定に保つ働きがありますから、暑いときは汗をかいて熱を放出し、寒いときは筋肉を動かして熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃がさないようにしたりします。



スポンサードリンク


 

ところが、過剰な冷暖房、食生活の乱れ、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れると、血管の収縮など体温調整がうまくいかなくなります。その結果、冷たい外気にさらされたときに、体が熱をつくりだしたり体の熱を奪われないようにすることができず、冷えという病態が生み出されてしまうのです。

3.冷え性は男性よ女性の方が圧倒的に多い理由?

男性と女性とでは体の構造が違うのが理由です。

hie18 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

3-1. 男性より筋肉が少ない。

私たちのカラダが作り出す熱の4割は、筋肉によってもたらされます。筋肉が動くことで熱がつくられて、カラダが温まるわけです。ところが女性はもともと男性より筋肉が少ない上、筋肉がつきにくい構造になっています。そのため熱をつくり出す力が弱く、冷えやすいと言えます。

3-2. 月経・子宮・卵巣がある。

女性特有のはたらきといえば、月経。月経のときに熱を運ぶ血液が多量に奪われるため、冷えやすいのです。また、女性のおなかには男性にはない子宮や卵巣などの臓器や器官が存在しています。そのため、腹部の血流が悪くなって、熱が運ばれにくく、冷えやすくなります。

4.では冷え症を改善する方法は?

ここで衝撃な事実です。

 

■冷え性の人は「美容」と「健康」を失い続けている。

hie19 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

 

今では冷え性を改善するために、カイロやモコモコの靴下、半身浴など、様々な方法がありますが、じつはそのどれもが根本的に冷え性を改善できる方法ではありません。

 

今のまま、血流の悪い状態が続けば、肌荒れや太りやすいという美容面のデメリットだけでなく、生理不順や不妊症、ガンなどの健康面までも、大きなハンデを背負うことになります。

 

あまりの寒さにぐっすり眠ることさえできない。ストーブの前から動けなくて、仕事も家事も憂鬱になってしまう。どれだけ温めても改善できない冷え性に、毎日悩み続けてはいませんか?

いまでは迷うほどの冷え性対策グッズを見かけますが、じつは体は温めすぎると反対に冷えやすくなってしまうことがあります。そこで今回は、あまり知られていない冷え性対策グッズのメリットでメリットについて、ご説明します。

冷え性は対策グッズを使わなくても、ある2つの方法を実践するだけで、冷え性は必ず改善することができます。対策グッズを購入する前の参考にしてください。

5.冷え性の人は早く老化する。

これにはチャント根拠があります。

冷え性は手足が冷えているだけだと思っていませんか?もしくは、冷え性によって、さまざまな体の不調に悩まされているのかもしれません。冷え性は、あなたの美容と健康を老化させていく、大きな原因の一つです。

 

私たちは血流をコントロールすることで、体温を調節しています。けれど、体が冷え切っているということは、体の血流がうまく流れていないということでもあります。血液は、肌をキレイに再生したり、内臓を丈夫に修復したり、あなたの体のメンテナンスをする上で、なくてはならないものです。

冷え性が長く続くと、肌荒れや太りやすくなるだけでなく、婦人科系の不調に悩まされることがあります。冷え性の本当の辛さは、冷たさではなく、その後にやってくる体の不調なのです。

6.対策グッズでは冷え性を改善できない3つの理由

hie20 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

理由1、「今だけ」温かくできても、冷え性は改善しない

あなたが本気で冷え性を改善しようと思ったとき、大切なのは冷え性の対策グッズではありません。

冷え性は、今までの食事や生活から、積み重ねでできた症状です。対策グッズで「今だけ」温まることができても、冷え性のもともとの原因を改善できているわけではないので、しばらくするとすぐに元の冷たい手足に戻ってしまいます。

理由2、温めすぎると、体は体温を下げようとする

人の体には、温度を感知する場所がいくつかあるのですが、足もその一つです。脳とつながっていて、あなたの体温を適温に調節しています。例えば、半身浴や湯たんぽ、電気カーペットなどで、体の外側から温めていると、「体が暑くなってきたから冷やせ!」という指令が出ます。

なので、温めている時は良いのですが、温めるのを辞めると体は急激に冷えていきます。

とくに、眠っているときは血管が拡張して、自然と温まるようになっているので、その時に体を温めすぎてしまうと、「暑いから冷やせ!」と指令が出て、冷えやすい体質になっていきます。

理由3、自力で温める力がなくなる

人は「寒い」と感じたとき、体をブルブルと震わせたり、細胞を摩擦させることで血流を促し、熱を生み出しています。けれど、いつでもどこでも体が冷えないように温め続けていると、「自力で熱を生み出す力」が低下していきます。

たしかに体が冷え切った状態は体にいいものではないので、時には温めることも必要です。けれど、いつでもどこでも体を温めすぎていると、細胞同士の摩擦も起こらなくなり、しだいに自力で熱を生み出すことをしなくなっていきます。

7.たまには体を温めることも必要

たまには体を温めることも必要
デメリットを聞くと、体は温めない方が良いのかな?と、極端に考えてしまうかもしれませんが、やりすぎなければ体を温めることも大切なことです。

体を温めれば、体がリラックスして血流が良くなりますし、雪が降っていて凍えるほど寒いときは体を温めることも必要です。何か温める道具を使いたいなと思ったときは、「湯たんぽ」や「半身浴」「靴下」など、できるだけ電磁波の影響を受けない、自然なものを使いましょう。

けれど、何時間も半身浴をしたり、靴下を何枚も重ねたりするのはやりすぎです。何事もバランスをみながら行えるといいですね。

8.冷え性改善グッズよりも効果的な2つの冷え対策

本日の、見処のお勧め記事です。

重要ですから、必ずメモを取ってくださいね。(^^)

  • 対策1:体の中をきれいにする
  • 対策2:体を動かして血流を促す

 

対策1. 体の中をきれいにする。

hie21 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

腸の中が便や老廃物で汚れていると、血液もドロドロになっていきます。そうすると、とうぜん血流は悪くなり、体は冷えやすくなります。あなたがいくら体を温めても、食事を意識しても、体の中が汚れていれば、あなたの努力も水の泡になってしまいます。

もしあなたが便秘になっているのなら、まずはそこから改善していきましょう。腸がキレイになれば、血液もサラサラとした質の良い血液がつくられるようになり、血行がよくなるので、自然と体が温まるようになります。

対策2. 体を動かして血流を促す。

hie22 冷え性で悩んでる!そこの「あなた」必見ですよ!冷え性を卒業かも?

そして、当たり前のことですが、体は動くようにできています。けれど、体がストレスでギューッとかたくなっていたり、自転車や電車ばかりで、あまり体を動かさない時間の方が長いと、しだいに筋肉も硬くなってきます。

デスクワークや、たちっぱなしの仕事だと、体が疲れたなと感じるときがあると思いますが、それは、同じ姿勢ばかりで筋肉が硬くなり、血流が滞っているからです。

冷え性もおなじで、ストレスや同じ姿勢ばかり繰り返していると、次第に筋肉は凝り固まり、筋肉の中を流れている血管も、ギューッと縮まるようになり、体は冷えていきます。

体は、息を吸ったり吐いたり、緊張したりリラックスしたり、動いたり止まったりする、「波のようなリズム」を繰り返しながら、血管を縮めたり広げたりして、血流をコントロールしています。

 

9.最後に、まとめとして。

冷え性の対策グッズは確かに一時的に体を温めることはできますが、根本的な冷え性の改善にはなりません。

あなたが本気で冷え性から開放されたいのなら、本来、人間は体を温める機能を持ってます。

まずは体が冷えてしまったもともとの原因を見つけ、それを一つ一つ改善していけば、必ず冷え性は改善できます。

例えば

1. 血液をサラサラにする。
2. 歪んだ骨格を改善する。
3. 食生活を見直す
4. ストレレスを溜めない

広告に惑わされないで!(^^)

最後まで見ていただき、本当に、本当に、ありがとうございます。



スポンサードリンク


前後の記事

次の記事: »

前の記事:«


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ